#1 SHIFTERSを始めたきっかけ

GoUpLifeコンサルティング

ミドルエイジを生きる皆さんへ

元号が平成となってから就職し、バブルの終焉やリーマンショックなどの経済危機を幾度となく乗り切り、昨今の好景気を支えてきた世代が今の40~50代の私達の世代。

今の若年層よりも世代人口も多く「バブル世代」「氷河期世代」と世代も一つにくくれないほど大きく、まさに日本経済の中核を担っていますが、皆さん自身が今後どのように生きるかを真剣に考えてみたことはあるでしょうか?

既に定年退職を迎える悠々自適のサラリーマンがいる中で、この世代は漠然とした将来の不安を抱えている方が多数いると確信しています。自分もその一人だからです。

特に将来について年金問題など考えていかないことは沢山あります。しかし今のままで本当に良いのでしょうか?

このまま何も知らないで生きていくことで皆さんの今持っている活力を失うのはあまりにもったいないと感じています。

特に今年は新型コロナウィルスの影響により、働き方や雇用形態も大きく見直される岐路となっている中で自分自身がどう生きるか?がまさに問われる時代に突入しました。

特に大企業においては好景気を支えてきた今までの人事体系と異なり、私達の世代は雇用延長も進む一方で、「役職定年」やそれに準じる人事制度によって、給与カットに伴う大幅な収入減や降格人事による仕事へのモチベーション低下等の大きなリスクにさらされています。

同時に、企業側では「役職定年制度」により、実質的な人件費抑制や管理職の若返り等を実現する一方で、まだまだ最前線で働ける気力や体力、経験など高いスキルがある有望な人材を社内で活用する環境が提供できない大きなジレンマを抱えています。

他方、日本全体を見ると、特に地方において人材不足や後継者不足の課題を抱えた優良な中小企業も数多く存在します。国や地方自治体が中心となり、人材流動化を促進する動きがようやく出てきましたが、肝心の流動化する人材が不足している事も大きな課題となっております。

そこで、私達は主に大企業勤務の40〜50代のミドルエイジ層の方々を対象とし、多くの方が定年を迎える60歳までの新たなライフデザイン構築をサポートするサイトを立ち上げました。

具体的には、60歳までのキャリアプランの選択(転職、副業、起業等)、マネープランのサポート(投資等)、その他万が一の際のサポート(保険見直し、遺言コンサル)、削除 を行ってまいります。

人生100年時代、まだ人生折り返しです。

これからの人生を豊かに送るための情報やサービスを提供することで皆さんが知るべき知識やノウハウを身につけこの先自信を持って納得できる人生を歩んで欲しいと願っています。

このまま何も知らずにキャリアを歩んでいくのと、皆さん自身がしっかり判断し選択眼を持って歩んでいくことではその差が大きくなるのは間違いないと感じています。その時頼れる羅針盤になりたいとSHIFTERSは考えています。

しごと 私達の仕事観

新入社員で入社し、1社一筋で頑張ってきた方、時代の流れにより、勤務先の吸収や合併を経験された方、もしくは転職を経験してきた方など、様々な企業経験をお持ちの方がいらっしゃいます。
今の仕事内容に物足りなさを感じている方や、定年までに何か打ち込める仕事をしたいと感じている方もいらっしゃいます。
昨今では、国際競争力の低下や世の中の常識も変わってきており、終身雇用制が見直されたり、コロナの影響もあり早期退職制度や役職定年制度も加速してきております。

そこで、実力や経験をお持ちの皆さんに定年までの「しごと」を見直してみる機会を提供したいと思っております。

今の職場に従事しながら自己啓発を行い、仕事の満足度を向上させる、または副業を認められている方へのアドバイス、さらに最後のチャンスとして転職、起業のお手伝いを行います。

今、本当に充実した仕事をしていると言い切れますか??
今まで身につけたスキルや経験を活かし切れてない状況も多いのではないでしょうか?
私達の年代は中間管理職をはじめとする会社の中核を担う役割を果たす中で、自分の今のポジションに疑問を持つことも多く、物足りない状況を打破するのか、今のままでもさらに自分自身に磨きをかけていくのか振り返ってみて「棚卸し」をしておく必要があると感じています。

終身雇用制は間違いなく崩壊しつつあります。会社は皆さんを本当に守ってくれるでしょうか?常に「自分自身」に磨きをかけておくことでこの先の生き方も選択肢が拡がるだけでなく、自信を持って仕事を打ち込むことができるお手伝いをできればと考えています。
今の仕事を続けながら副業が可能な企業にお勤めの方へのアドバイスもさることながら、どうしても今のポジションに納得できない、環境を変えたい、という方には転職、起業のアドバイスを具体的に提案していきます。

仕事の選択肢もコロナ禍以降、多岐に渡り選ぶ事が今の会社に居ながらも選択することが可能になってきています。仕事の満足度が会社一筋に生きると同義の時代は終わりつつあります。だからこそますます自身の「働きかた」を残りの人生を生きる上でも重要になってきます。

今が良いからそれで良い、という方がいらっしゃいます。
果たしてそれで良いのでしょうか?

10年後も同じ環境で同じように働くことができているのでしょうか?
それは自分がしたい仕事なのでしょうか?
自分自身を棚卸し選択眼を持って生きていくことがこれからの私達の仕事観であると同時にSHIFTERSで何ができるのか皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

資産形成の考え方

人生100年時代となり、定年後の生活も数十年残っている中で、自分自身で納得できる充実した余生を送るために必要なお金って、本当にいくら必要なのかを試算してみませんか?
定年後の理想的な生活を想定して、住宅ローンや教育費、介護費、生命保険など必要なお金を見つめなおし、不足している部分を定年前に着手するためのアドバイスを行います。
ローンや保険の見直しから、手軽に始められる低リスクの投資商品をご紹介いたします。ご紹介するにあたり、皆さんが一番心配されている中立的な立場でアドバイスいたします

年金2000万問題は私達の世代は避けて通れないだけでなく、年金受給年齢も毎年引き上げられています。
もはや受給開始年齢が75歳ということも充分に考えられる時代に突入しました。
今の仕事の報酬でクリアできる方でももっと豊かに、楽しく生きたいと考えているのが私達です。我慢してやりくりする老後を何十年も過ごすのか、ゆとりを持って時間を有効活用し有意義に過ごしたいのが本音ではないでしょうか?

今の給与でも見直しできる部分は沢山あります。知っているのとそうでないのとでは老後に大きな差が出てくるのもこの年代の特徴です。
自分の生き方に見合った収入が確保できているか?足りない分はどう補うか、節約するか見直してみる必要があります。今一度見直すことで安心して仕事に打ち込んでもらいたいのです。漠然とした不安をしっかり分析することでどう行動するかが重要です。

SHIFTERSでは中立的な立場のもと、皆さんが正しく判断できる情報やサービスを提供したいと考えています。

特に投資についてはあらゆる情報が錯綜し、本当に信じて預貯金を投下していいかどうかがこれからさらに難しい時代になっていきます。また預貯金を積み上げるだけではこの先の不安をクリアするのは厳しい状況下にあります。
確実にリターンとリスク回避を併せ持つ投資商品を開発、もしくは専門家の選択眼を通した提案を行なうことで皆さんが築き上げた資産をさらにゆとりを持たせることができれば来るべき老後は決して暗いものではありません。

もしもの時に考えていること、ありますか?

定年後の事、まだ現役のうちに考えてみましょう。
何歳までバリバリ働いて、何歳から仕事の比率を下げて、趣味に時間を割く、もしくは夫婦での時間を作るなど、今まで真剣に考える事もなかった定年後の生き方について、ライフプランを作成するお手伝いをいたします。

一方で、仕事一筋で頑張ってきた皆さんの世代は、病気による突然死や事故死に遭遇してしまう事もあります。

そこで、遺言のサポートを行います。相続する資産は多くないと思っていらっしゃる方も多いと思いますが、先日遺言制度も変更され、簡単に用意する事が可能となりました。配偶者やご子息など、残された家族のために一度体験してもらう事をお勧めいたします。
なお、ご両親の方などの相談も受け付けますので、遺言だけではなく、相続や家族信託なるキーワードにおいても、個別相談に応じていきますので、お気軽にご相談ください。

自分にもしも何かあったら、配偶者や子供、両親に何をしてあげられるのか?
真剣に考えてみたことはありますか?その逆の場合も然りです。

今の保険の内容でどこまで何がサポートされているのか、本当に適切な今の自分に合った内容になっているのかご存知ですか?
なんとなく入った保険をそのままにしておいたり、資産を運用だけで終わらせていたりしているのが私達の世代でも意外なほど多いです。

トータルで人生を見つめ直す、その中で家族に自分が考えていることをしっかり話し合い、残していくことが当たり前になるつつある環境の中、実は蔑ろになっているケースが多いのです。
個別相談にて専門家の助言をもとにあらゆる選択肢を検討し納得のいくライフプランの考え方を家族に残すことを始めませんか?

SHIFTERSでは先日制度変更の合った「遺言」についてサポートをしていきます。
専門家の助言で意外な盲点や置かれている環境を改善できるケースが多く、対策をしっかり取ることでライフプランの全体像を明確にし、記録に残していくことで自分と家族の安心を共有することができる時代がきています。

この記事をシェアする

https://shifters.gouplife.jp/magazine/no1

個別相談受付中!まずは無料会員のご登録を!